乳がんは、早期発見で完治しやすくなります

女性のがんで最も多いのは「乳がん」です。
とくに仕事や家庭の事で忙しい40代から急激に増えてきます。

早期発見すれば完治しやすい疾患ですので、
「誕生日に検診を受ける」など、自分のためまたご家族のために、
定期的な検診を受けることをおすすめしております。

秋本クリニックでは、日本乳癌学会乳腺専門医である院長はじめスタッフ全員が、「女性が安心して検診を受けていただける」環境づくり
を心がけております。安心してご来院ください。

乳がんは、早期発見がカギとなります。

秋本クリニックの「乳がん検診」について

早期発見のために

乳がん検診、乳腺精密検査では、
しっかりと理解して安心して帰れるように十分な説明を心がけております。

また、早期発見のためには「自己触診」が非常に大事なので、
乳がん検診やがんを疑って来院した患者様には、看護師と一緒に乳がんの模型を使って触診の練習をしてもらっております。

検査内容(マンモグラフィ検診、乳腺エコー)

乳がん検診がんの精密検査は、
まず視診や触診、さらにマンモグラフィ検診、乳腺エコーを実施します。
マンモグラフィは X線で、乳腺エコーは超音波で、乳房に異常がないか見ていきます。

30~40歳代の若年者のマンモグラフィは高濃度乳腺の方が多く、がんの見落としが多くあるといわれています。

検診結果に異状なしと書かれていても実際には見えてないがんが多く存在するので、マンモグラフィだけではがんの見えにくい患者さんには、
超音波検査(乳腺エコー)をお勧めし、特に気をつけて漏れがないようにしています。

細胞診・組織診(針生検)

がんが疑われたり、がんとの判別が難しい場合には、
しこり(腫瘍)に直接細い注射針を刺して吸引した細胞や乳頭からの分泌物を顕微鏡で観察する「細胞診」を行います。

この細胞診で
「鑑別が難しい」「検体不適正」「悪性の疑いあり」という結果が出た場合は、
乳がんかどうかをはっきりさせるために、「組織診(針生検)」を行います。
組織診では、ごく微量の細胞のかたまりを取り出すため、細胞診よりもより確実な診断を得ることができます。

秋本クリニックではここまできっちり行って、確定診断を行います。

乳がんは、早期発見がカギとなります。

乳がん検査マンモグラフィ

乳がん検査エコー

もし、乳がんと診断されたら…

がん拠点病院へ紹介します

「乳腺炎の切開排膿」「浅い部分の乳腺炎の切開排膿」「浅い部位の良性腫瘍の摘出」などは秋本クリニックで行いますが、
万一「乳がん」と診断された場合は、がん拠点病院へ紹介させていただきます。

合併症のリスクなどを考えると、より安全な設備とスタッフが整ったがん拠点病院などでの手術が望ましいからです。
また、現在は保険適用になったため乳房の再建術などを希望する患者様も多く、
再建は専門的な形成外科のドクターが行ったほうがよりきれいにできるので、拠点病院で形成外科と連携し、十分な環境の整った施設で手術を行うようにしております。

画像の説明

連携している医療機関は

広島大学病院、県立広島病院、安芸市民病院、JR広島病院、マツダ病院、済生会広島病院など。

上記の病院などと密な連携をとり、診療を行っています。

患者様のご希望をしっかりお聞きします

がん拠点病院をご紹介する際には、患者様の希望に沿った治療を提供できる病院を紹介するように心がけています。

治療の選択肢が狭まらないように、
説明には十分に時間をかけ、ご理解ご納得してもらうよう努めております。

また、診断から手術までの時間ができるだけ短くなるよう
基幹病院の主治医と連絡を取り合いながら日程を組み調整を行っていきます。

秋本クリニック院長の手術を受けることもできます

秋本クリニックの秋本 悦志 院長は、乳がん治療の専門医であり、
週に1回、木曜午後県立広島病院で手術を行っています

ですので、秋本クリニック院長に手術してもらいたいと希望する場合は、県立広島病院で手術を受けることができます。

手術時の様子をみることで術後も安心ですし、より患者さんが安心して治療に望めると思います。
また、術後の補助療法なども円滑に進めやすいですので、秋本院長の手術をご希望の場合は、その旨をお伝えください。

秋本クリニック院長 秋本 悦志

院長:秋本 悦志

《 資格 》
日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
乳癌超音波検査認定医
マンモグラフィ読影認定医(A判定)

まずは、乳がん検診をお受けください。

乳がんは、早期発見がとても大事です。
大切な体を守るため、ご家族との時間を守るために
ぜひ、「乳がん検診」をお受けください。

お気軽にお電話ください。

秋本クリニックTEL

(木曜日・土曜日午後休診、日曜日・祝日休診となっております。)